相談の際のポイント

相続税の控除や税額軽減について、いくつか種類があります。それぞれの相続人の相続税額から、控除を適応させて、全てを差し引いた場合の結果がマイナスだった場合には、過払いとなる為、申告をすることで、税金の還付を受けることができるという訳です。

ホームページその種類とは、相続開始より遡って三年以内の贈与の場合、課税対象になってしまい、二重課税となりますので、その分を差し引く「贈与税額控除」、亡くなった被相続人の配偶者は同世代となりますので、また再び相続が発生するかもしれません。その場合には法定相続分の相当額までを無課税にする、いわゆる「配偶者の税額軽減」が可能です。あるいは、未成年が相続人の場合には、収入がなく学費等がかかる為に税制上の優遇「未成年者控除」が適応できます。

このように、控除や税額軽減の知識の有無で、大きく相続できる額が異なります。他にも方法があり、その知識は税金のプロからのアドバイスが必須となりますので、まずは税理士に相談するようにしましょう。そして、税理士を選ぶ際のポイントとしては、やはり経験や実績が大切になります。税理士の紹介サイトやホームページを確認し、これまでの実績についてチェックされることをお勧めします。

《関連HP》ソレイユ相続相談室

相続税申告の準備

申告相続人の人数が出て、相続財産のリストアップも完了、相続税額が算出されたら、相続税について節税が可能かどうかをしっかり考える必要があります。これを知らずにただ相続税の申告をしてしまうと、相当額が節税できた可能性があるにも関わらず、言われた額をそのまま納税しなければいけませんので注意が必要です。もちろん、節税には高い知識とテクニックが要求されますので、税理士への相談はしておくことが良い方法となります。

相続税には、条件を満たすことで可能となる控除、税額軽減という仕組みがあります。控除は税金が免除される金額を指しますが、被相続人が亡くなってからできる節税には限界があります。死ぬことなんて考えたくないと思われる人もおられますが、被相続人が亡くなった後も、残された家族の負担が極力軽減されるにはどうすれば良いか、トラブルなく相続がされるにはと考えた場合、可能であれば、被相続人の生前から相続税対策を行っておくことが最も望ましい方法となります。つまり、相続税の対策とは、残される相続人の為にも、被相続人達とよく話し合っておく、あるいは、生前から税理士を交えてしっかりと準備をしておくことがポイントとなります

遺産の相続について

相続税相続税を算出するには、課税対象となる財産の確認が必要になります。対象となる現金、預貯金、有価証券、不動産、または、生命保険のお金、死亡退職金については、遺産分割の対象にはなりませんが、相続税の計算の際は対象となってしまいます。また、遺産は財産だけではありません、借金等の負債も抱えることになりますので、相続をするということは大変複雑で、税金の分野に対する豊富な知識と経験が必要になることがおわかりいただけると思います。

相続税は、相続人全てに発生する訳ではありません。課税対象額が一定の金額ラインを超えると発生し、下回る場合には発生しません。このラインを基礎控除額といいます。基礎控除額は、3000万円+600万円に法定相続人の数をかけて算出することができます。この法定相続人には、相続放棄した人数も含みます。

法定相続人の範囲について説明します。相続の手続きをする為には、まず自分は相続人となるのかどうかの確認をしましょう。法定相続人とは、法律で定められている相続人となる権利のことを言います。被相続人の配偶者は常に法定相続人であり、続いて子、親、兄弟姉妹という順番で優先順位が決まっています。つまり、子がいる場合、配偶者と子までが法定相続人であり、子がいない場合は配偶者と親がなります。

税理士への相続相談

親や身内が亡くなり、遺産を相続する場合には、どうしていいか分からないという方がほとんどだと思います。遺産はほとんどないから関係ない、大金持ちだけの問題だろうというイメージを持たれている方も多くおられますが、相続税とは、実は身近な問題であり、誰にでも起こりえるということを知っておく必要があります。実際にトラブルが発生した場合には、慌てふためくことのないように、少し勉強されておくことをお勧めします。

トラブルもちろん相続税の申告が必要になった場合には、税金の専門家である税理士に相続相談されることが最も良い方法と言えるでしょう。なぜなら、相続にはお金のトラブルがついて回ります。どれだけ仲が良い家族でも、お金が絡むことで骨肉の争いに発展してしまう可能性は十分に考えられます。遺産をスムーズに分割する為には、やはり冷静、かつ、適切に対応できるプロに相談することで、全員が納得できる方法に導いてもらうことができます。また、遺産分割だけではなく、その後に相続税の申告が必要になった場合にも、税理士が関わっていることで、できるだけ相続人が損をしないように節税対策にも対応してもらうことができます。早い段階から相談しておくことがポイントです。

税理士に相続相談をすると言っても、利用されたことがない人にとって、高い報酬が発生するのではと不安に思われるかもしれませんが、実際はそこまで高くないケースがほとんどです。ここでは、相続相談について考えてみたいと思います。