遺産の相続について

相続税相続税を算出するには、課税対象となる財産の確認が必要になります。対象となる現金、預貯金、有価証券、不動産、または、生命保険のお金、死亡退職金については、遺産分割の対象にはなりませんが、相続税の計算の際は対象となってしまいます。また、遺産は財産だけではありません、借金等の負債も抱えることになりますので、相続をするということは大変複雑で、税金の分野に対する豊富な知識と経験が必要になることがおわかりいただけると思います。

相続税は、相続人全てに発生する訳ではありません。課税対象額が一定の金額ラインを超えると発生し、下回る場合には発生しません。このラインを基礎控除額といいます。基礎控除額は、3000万円+600万円に法定相続人の数をかけて算出することができます。この法定相続人には、相続放棄した人数も含みます。

法定相続人の範囲について説明します。相続の手続きをする為には、まず自分は相続人となるのかどうかの確認をしましょう。法定相続人とは、法律で定められている相続人となる権利のことを言います。被相続人の配偶者は常に法定相続人であり、続いて子、親、兄弟姉妹という順番で優先順位が決まっています。つまり、子がいる場合、配偶者と子までが法定相続人であり、子がいない場合は配偶者と親がなります。