相続税申告の準備

申告相続人の人数が出て、相続財産のリストアップも完了、相続税額が算出されたら、相続税について節税が可能かどうかをしっかり考える必要があります。これを知らずにただ相続税の申告をしてしまうと、相当額が節税できた可能性があるにも関わらず、言われた額をそのまま納税しなければいけませんので注意が必要です。もちろん、節税には高い知識とテクニックが要求されますので、税理士への相談はしておくことが良い方法となります。

相続税には、条件を満たすことで可能となる控除、税額軽減という仕組みがあります。控除は税金が免除される金額を指しますが、被相続人が亡くなってからできる節税には限界があります。死ぬことなんて考えたくないと思われる人もおられますが、被相続人が亡くなった後も、残された家族の負担が極力軽減されるにはどうすれば良いか、トラブルなく相続がされるにはと考えた場合、可能であれば、被相続人の生前から相続税対策を行っておくことが最も望ましい方法となります。つまり、相続税の対策とは、残される相続人の為にも、被相続人達とよく話し合っておく、あるいは、生前から税理士を交えてしっかりと準備をしておくことがポイントとなります