相談の際のポイント

相続税の控除や税額軽減について、いくつか種類があります。それぞれの相続人の相続税額から、控除を適応させて、全てを差し引いた場合の結果がマイナスだった場合には、過払いとなる為、申告をすることで、税金の還付を受けることができるという訳です。

ホームページその種類とは、相続開始より遡って三年以内の贈与の場合、課税対象になってしまい、二重課税となりますので、その分を差し引く「贈与税額控除」、亡くなった被相続人の配偶者は同世代となりますので、また再び相続が発生するかもしれません。その場合には法定相続分の相当額までを無課税にする、いわゆる「配偶者の税額軽減」が可能です。あるいは、未成年が相続人の場合には、収入がなく学費等がかかる為に税制上の優遇「未成年者控除」が適応できます。

このように、控除や税額軽減の知識の有無で、大きく相続できる額が異なります。他にも方法があり、その知識は税金のプロからのアドバイスが必須となりますので、まずは税理士に相談するようにしましょう。そして、税理士を選ぶ際のポイントとしては、やはり経験や実績が大切になります。税理士の紹介サイトやホームページを確認し、これまでの実績についてチェックされることをお勧めします。

《関連HP》ソレイユ相続相談室